使用済みリボンを再利用!バラに変身させる方法

プレゼント

プレゼントを貰ったり、ケーキを買った時などについてくるリボンはどうされていますか?

私は紙やリボンなど集めるのが大好きなので、というか収集癖があり使わないかな~と思っていても捨てられず…とっておきます(笑)

いらなくなったリボン

そして、このようになります。

こちらはほんの一部ですが…。

実際は、この数倍すでに溜まっています(笑)

今まで、このようになった使用済みのリボンはラッピングペーパーをまるめて束ねるのにつかったり、電気コードなど収納するのに束ねたりと、リボンというよりヒモとしての役割で使用していました。

しかし、そんなに使い切れなく…使用済みリボンは溜まっていくばかり…。

リボンをきれいに戻せたら…

そこで、考えました。

スポンサーリンク

使用済みのリボンを再生させる方法

リボン

結果、出来たのがこちら!

リボンの質によっては、あまりきれいにシワを伸ばすことができませんでしたが、なかなか、まあまあには戻すことが出来ました。

どうやって元に戻したかといいますと…

そうです!

シワを伸ばすなら「アイロン」です!!!

一度、リボンを水に浸し、絞ってからアイロンをかけました。

たいしたことではないといえば、そうなのですが…。

自分にとって意外にもきれいになったので、びっくりしています!

下の細いリボン3本は、サテンのリボンだったので、シワは全くなくきれいに元の状態になりました。

ただ、リボンによっては熱を加えると溶けてしまったり、変色したりするものもあるかもしれませんので、ご注意を。

リボン巻きバラ

アイロンがけし、よみがえったリボン。

自分のラッピング練習用に使うことにしました!

早速、リボンの巻きバラを練習。

私の巻きバラは、どうも四角形になりやすく形を作るのが難しいので練習が必要なのです!!

マスキングテープで解説!巻きバラの作り方
巻きバラの作り方の説明を書こうと思ったのですが、説明するのにリボンだと形が崩れてしまい写真を撮りながらの作業が出来ないので、こんなも...

*2012.03 掲載記事

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!