真っ白なウエディングドレスに合うナチュラルブーケを作りました!

ブーケ
先日、妹の結婚式がありブーケを作りました。

花嫁のオーダーは、
・自然がいっぱいの結婚式場なので、白とグリーンのブーケ。
・中に実も入れてほしい。
・丸い形(ラウンド)ではなくて、下が流れるようになっているのがいい。


との希望。

イメージは大体決まっていたので、
お花の教室で材料(アーティシャルフラワーなど)を注文して頂き制作しました。

できたのがこちら!

白いウエディングドレスにぴったりのナチュラルブーケです。

写真が室内のライトで少々黄色っぽく見えますが、
出来上がりは、花嫁である妹も私も大満足!

すべて造花なのですが、遠くから見ると本物の生花のようです。

現在の造花はアーティシャルフラワー・シルクフラワーと呼ばれていて、
とてもきれいな造花になってきています。

ウエディングは前撮りもあるので、
そんな時は造花のブーケがおすすめです!

スポンサーリンク

ブーケの作りました

材料と道具と制作時間

◎材料
・バラ:直径8cmくらいのもの。10本くらい。オフホワイトとクリームを2種使用。
・ラナンキュラス:大小10本。ホワイト。
・ハートカズラ
・フリルベリー
・リボン
・ワイヤー
・フローラルテープ

◎道具
・グル―ガン
・ボンド
・ニッパー
・はさみ

◎制作時間
ブーケとブートニアと髪飾りも含め約120~180分。

ブーケ制作

今回、写真を撮るのを忘れたので、簡単に。

1.バラとラナンキュラスの造花の茎を取り、花だけにします。
2.すべての花にワイヤーで茎をつくり、フローラルテープで巻き、ワイヤーの茎を作ります。
3.ワイヤー束ねてブーケの形にしていきます。
4.束ねたところをリボンで巻きながらワイヤーを隠します。
5.形を整え完成!

この2番の工程のフローラルテープ巻きがどうも苦手で途中で手が痛くなり、
お花の先生に少しお手伝い頂きました。

ナチュラルブーケ完成

完成品がこちら。

ブーケ
先ほどの写真より、こちらの方が実際のブーケの色に近いです。

バラも白だけでなく、クリーム色も2本入れたので、
クラシックなウエディングにもあいそうかな?と思います。

ラナンキュラスはライムグリーンっぽい色合いもあったので、
バラの白と周りの葉っぱの濃いグリーンをつなぐ役割をしてくれています。

ブーケ
横から見るとこのような感じです。

持ち手の方(上部)まで花をふんだんに入れました。

摘んできたようなナチュラル感もだしつつ、
ハートカズラが歩くたびに揺れるように動きもプラス。

ブートニアと花の髪飾り

ブートニアと髪飾り
新郎が胸元につけるブートニアと、
花嫁の髪飾りも白のバラで作りました。

ところで、「ブートニアってなに?」って思う方もいらっしゃると思います。
私もブーケを作っていなかったら知りませんでした。

実はこんなお話があるのです。

昔、男性が女性にプロポーズするときに花束を渡し、
女性がOKならその花束から花をとり、
男性の胸元にさしたというのが始まりらしいです。

つまり、ブートニアはブーケの中のお花を使うことが重要です!

髪飾りは、Uピンにお花をつけ、大き目のパールもUピンに通し作りました。
あとは、ヘアメイクさんにおまかせ。

髪飾り
結婚式当日、お花を頭の左右両端にまとめて、
パールはアップした髪に散りばめるようにしてくれました。

とってもセンスのいいヘアメイクさんで素敵に仕上げてくれました!

まとめ

今回、妹の結婚式ということでブーケを久しぶりに作りました。

ブーケ制作は生花のブーケの集中レッスンに半年くらい通っていたことがありますが、
8年くらい前なので、お花の先生にアドバイスを頂きながら制作。

作ってみると、やっぱりブーケは時間はかかりますが、
仕上がりも豪華でいいですね!

また、実際にドレスを着て持ってくれていた姿を見るとこができ、
製作者としても姉としても嬉しいかったです!

やっぱり、ブーケにはウエディングドレス。
ウエディングドレスにはブーケがピッタリ会うんですね♪

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!