ペーパーフラワーと造花で作る和風ウエルカムボード

和風ウエルカムボード
ウエルカムボードのご依頼を頂きました。
ちょっぴり緊張しつつもアイデアいっぱい心を込めて制作しました!

神前式ということで和風ウエルカムボード。
お式が11月だったので、秋らしいものをとのご希望でした。

では、制作過程をご覧ください。

スポンサーリンク

材料と用意するもの

◎材料
・造花:2種類
・色画用紙:8種類
・厚紙ボード:1枚
・ひも:1本
・水引:3種類
・額

◎道具
・はさみ/カッター
・鉛筆
・のり
・グル―ガン(造花接着用)
・書道道具

◎制作時間
20~30時間くらい?わからない…。

ウエルカムボード制作過程

ペーパーフラワー牡丹(ぼたん)を制作

今回、和風ということで、
「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹(ぼたん)歩く姿は百合(ゆり)の花」
美しい女性を表すこの言葉が思いつきました。

そこで、牡丹(ぼたん)の花をメインに。

しかし、イメージしていた色や大きさの造花が見つからず、
一からデザインし紙で花を制作するということにしました。

紙で作る芍薬(しゃくやく)
まずは、花びらを下書きをして型紙を制作します。

牡丹(ぼたん)の写真を参考にデザイン画を描きます。
しかし、牡丹も芍薬(しゃくやく)も違いがわからない(笑)

芍薬も同じボタン科ということで、
花びらがフリフリしたレースのように、何層にも重なった豪華な牡丹っぽい花を。

大きさを数ミリずつ変えて重ね試作第一弾を作ります。

紙で作った牡丹
次に、画用紙で試作第ニ弾。
色のグラデーションや大きさ、重ねる枚数を検討します。

色や形が決まったら、
本番の少し丈夫な紙で制作していきます。

ペーパークイリングフリンジ
続いて、花の中心の花芯を作成。

細長い紙にはさみで切込みを入れ作ります。
その後、くるくると丸めてきます。

ペーパーフラワー牡丹
出来上がった牡丹(ぼたん)?っぽいペーパーフラワーが完成!

大・中・小でそれぞれ、
紅梅・クリーム色・藤色の3色×2個ずつ計6個作りました。

中央の花芯に近くなるほど、
うすい色の紙を使用し、花の立体感をだしました。

ペーパークイリングでもみじと四角い飾り作り

ペーパークイリングもみじ
続いて、もみじをペーパークイリングで制作。
*ペーパークイリングとは細長い紙をくるくる巻いていく技法のこと。

もみじにも濃い赤と薄めの赤2色の紙を利用し、
ひとつひとつ表情をかえました。

四角い飾りは「ヴォーテックコイル」という手法?のもので、
手で丁寧に巻いていかないと渦巻きがきれいにでてくれない、
テクニックが必要な手法。

難しい…。。。

片面にシルバーのコーティングがされた特殊な紙を使用し、
見る角度によってキラキラします。

もみじは6個。
四角い飾りは25~30個制作。

筆で名前と文字入れ

書道道具
和風といったらやっはり墨で書いた文字がいいですよね!
名前や文字は筆でお入れすることに。

書道道具
久しぶりに書道道具を出してきて、練習、練習、練習…。

言葉はみんなへのありがとうの気持ちを込めた結婚式ということで、
「感謝」という言葉になりました!

和風ウエルカムボード完成

和風ウエルカムボード
作ったパーツを抹茶色の厚紙ボード貼り付けていき、額に入れ、
ついに完成です!!

花をひとつひとつ手作りしたので時間はかかりましたが、
納得のいくものができ、花嫁さんにも喜んで頂きました。

さて、ここで問題です。
この中で紙で作った牡丹はどれでしょう?

6個ありますよ!

和風ウエルカムボード
正解はコチラ。

赤い丸がついたお花は紙で制作したものです。

意外にも紙のお花と造花がマッチして、
どれが紙でできているのか見分けがつかないくらいでした。

和風ウエルカムボード
近くで見ても違和感がないと思いませんか。
造花に紙の花の組み合わせもいいものですよね。

水引や赤と金2色のひもを入れて「和」を。

和風ウエルカムボード
お祝いにぴったりな水引の鶴でさらに華やかに。

お二人のお名前の間には、ペーパークイリングで作った赤いハートをつけました。

和風ウエルカムボード
ペーパークイリングのもみじの紅葉の赤がアクセントになり、
四角い飾りは上記の写真のように市松模様に並べ和の雰囲気を。

和風ウエルカムボード制作まとめ

花を一から制作することにより、
イメージどおりのの色と大きさのペーパーフラワーになりました。

工夫したところは、グリーンの厚紙ボードを窓状に切り抜いているため、
後ろの「感謝」の文字の紙を入れ替えることもできること。

式の後、玄関などに飾る際は、
結婚式の思い出の写真を紙に貼り入れ替えることも可能です。

また、ガラスケース入りなのでほこりもつきにくく、
飾って頂くのに良いかと思います。

ご依頼いただきありがとうございました。
末永くお幸せに。

*申し訳ありませんが現在は多忙のためオーダーはお受けしておりません。

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!