100円均の材料でカラフルな花柄イースターエッグの作り方

イースターエッグの作り方
春になり海外ではもうすぐイースターということで、100円ショップの材料で本物ではないイースターエッグ風の飾りを作りました(笑)

スポンサーリンク

紙粘土と折り紙で作るイースターエッグの作り方

イースターエッグの作り方
材料は、100均の紙ねんど(ダイソー)とちよがみ(セリア)です。

ちよがみ
「ぜんぶちがうがらのちよがみ」は16枚16柄入っていて、
カラフルな花柄がイースターにピッタリです!

イースターエッグの作り方
1. 紙粘土を適当にとり、卵型にまるめます。

イースターエッグの作り方
2. 底に竹串をさし、表面が固まるまで放置します。

イースターエッグの作り方
3. ちよがみを適当な大きさにちぎります。
(大きすぎると貼る時にシワになり、小さすぎると貼りづらいです。)

イースターエッグの作り方
4. ちぎったちよがみを濡れたタオルに並べ、
さらに上から霧吹きで水を吹きかけます。
(紙が水を吸って柔らかくなり、卵型の曲線に貼りやすくなると思います。)

イースターエッグの作り方
5. 先ほど紙粘土で作った卵にちぎったちよがみを筆などで隙間なく貼っていきます。
(接着にはボンドを使いました。)

イースターエッグの作り方
6. 全体にちよがみが貼れたら、もう一度全体にボンドを塗り卵をコーティング。
筆でちよがみの浮きを抑えます。

7. 竹串に挿したまま、コップなどにたてかけて、乾かします。

イースターエッグの作り方
*フラワーピックとして使う場合は、竹串を挿したままの状態で完成です!

イースターエッグの作り方
8. 乾いたら竹串を抜き、
底の開いた穴をちぎったちよがみでふさいで完成です!

イースターについて

ハロウィンやクリスマスと違い、
日本ではまだあまり馴染みがない、イースター!

イースター(復活祭)とは十字架にかけられて亡くなったキリストが、
三日目に復活をしたことを記念する日なのだそうです。

復活を意味するイースター・エッグ。

卵の殻にカラフルな色合いが施され、とっても綺麗です!

今年のイースターは4月24日で、年によって日にちが違います。

私がイースターを知ったのは、フラワーアレンジを習っていた時でした。
春のお花にイースター・エッグの入ったフラワーバスケットを教えてもらいました。

それ以来、カラフルなイースターの色合いが好きで
春になるとイースターアレンジが作りたくなります♪

イースターエッグ
並べてみるとこんな感じになりました。
「春」を感じる色のイースターエッグが出来ました!

*2011.3 投稿作品

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!